澄み渡った冬の空

雨に降られた先週を挟んで2週間ぶりのフライト。穏やかに晴れたお天気に誘われて集まったのは16名。視程も朝から素晴らしく、地上からでも北の御嶽山はくっきり。今日は一日中姿を見せていてくれました。

 

耐空検査前のブラニクは整備中なので、用意したのは複座のデュオ・ディスカスと単座のディスカス、LS6と当クラブの高性能機そろい踏み。しかし、朝から日射はあるものの、冷え切った空気が暖まって滞空できる条件がまとまりだすまでにはお昼近くまでかかりました。

 

その後も深い沈下に阻まれるフライトもありで、本日最長は運良く地上が曳航索の点検作業に入り、「点検終わるまで浮いてていいよ」と言われた有村さんがデュオで1時間超え。単座の30分超え滞空ポイントゲットは石川さんの50分、山口さんの31分に留まりました。

 

さてブラニクの整備は来週以降もまだまだ続きますので、皆さんご協力ください。

(中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です