北風に阻まれて

夜明け前から風の音が聞こえてくる岡崎市。滑空場に来てみると、先週に引き続き御嶽山がくっきり見えるほどの澄んだ空だし、上昇気流の予測も期待できそうなほど好条件・・・なのですが、やはり北風がビーブーに吹く始末。風速計で測ると7m/sから瞬間10m/s。こりゃ飛べませんわとなりまして、集まった8名程で各種作業をする事になりました。

 

機体整備部の皆さんは格納庫で練習機ブラニクの定期整備。フライトが無い分時間も人員も確保できたので作業も捗り、予定よりも大部余裕のある進捗とすることができたようです。

 

一方、滑走路では離陸用の曳航索の点検と交換作業を残ったメンバーで実施。次回のフライト前の作業分を前倒しできたので、来週は飛行回数を少し増やせるかもしれないと期待大です。

 

正午頃まで作業を進めつつ様子を見ましたが、風が吹き止むこともなく、上空も積雲が蹴散らされるように見えるほど荒れた気流のよう。来週こそはと期待しながら解散となったのでした。

 

(渡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です