『空の日』フェスタ2019

心地良いお出かけ日和になった土曜日。県営名古屋空港で開催された『空の日』フェスタに今年もグライダーとパネル展示をしてグライダーでのフライト活動をPRしてきました。

 

屋内展示は日ごろのフライトの様子を紹介したパネルがメイン。一緒に展示をしていたそのほかの事業者さんと比べると、何とも手作り感満載なパネルですが、空を飛ぶのは趣味でも存分に楽しめます!をアピールするにはぴったりかも。

 

通り掛かるお客様に「ぜひ見て行ってください!」と紹介チラシを渡しつつ、ご案内すると、皆さん写真をじっくり見ていただけたり、ご質問も頂いたりで説明係はなかなかの忙しさ。中には学生時代航空部という方もみえて、「入会を検討してみます」という嬉しいお言葉も頂けました。

 

「グライダーってなに?をわかりやすく紹介した動画の横には竹内整備士の力作。クラブ所有のグライダーのペーパークラフト。手のひらサイズですが、綺麗にできていて、じっと見入ってくださるお客様もみえました。

 

一方、屋外の駐機場では、飛行機やヘリコプターの機体展示。FDAさんの旅客機を始め、名古屋飛行場を拠点にする事業者さんの航空機と一緒に私達もグライダーを展示。

 

ただ見て頂くだけでなく、コクピット体験も実施したので、終始行列で展示機の中では結構賑わった機体になれました。ちびっこのお客様がたくさん来てくれましたけど、未来のグライダーパイロットがこの中から生まれて、一緒に飛べる日が来たら嬉しいですね。
短い時間の展示でしたけれど、屋内外共に予想していたよりも賑わって、クラブの活動をPRでき、またグライダーの事をたくさんのお客様にお話しする事ができて、参加したメンバー一同も楽しい時間を過ごす事ができました。

 

 

【オマケ】

展示スタッフをしつつ、英才教育家族サービスに励む佐々木教官の姿。

 

(渡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です