夏季連続フライト

【フライト編】

台風の接近が不安でしたけれど、毎年恒例の夏季連続フライトを8月10~12の三日間で実施しました。

 

強い日差しが照り付けて、準備作業中も体力を奪われて行きますが、そこはもういつもの事なので皆熱中症対策は万全。真夏の太陽の力を借りて滞空を楽しみたい人、連日フライトして技量向上に努める人、暫く飛んでいなかった分この期間で操縦感覚を取り戻そうとする人等々、各自が目標やテーマを持って三日間に臨んでいます。

 

初日の午前中から好条件が生まれているようで、上昇気流を捉えたグライダーが続々と滞空を開始。岡崎のグライダー飛行空域の端まで進出できたフライトもありましたし、高度を上げて雲の下に入ると一気に涼しくなって空の上で涼を楽しむという贅沢なひと時を楽しむ事も出来ました。

 

二日目は前日よりも気温が高く日射も期待できましたが、条件はイマイチ。2,000フィートほどまで上昇しても、沈下帯が多く距離を延ばせず無念の帰還というフライトが続いたようです。

 

ラストの三日目になると参加メンバーもややお疲れモード。この日が一番暑く、また台風の風が影響し始めるなどしましたが、終日滞空が出るまずまずのコンディション。最初は「早めに終わろうか」と話していても、飛べるならやっぱり飛んで楽しみたいというグライダー乗りの性、17:00頃まで存分にフライトを続けて三日間を締めくくる事が出来ました。

 

【BBQ編】

そんな連続フライトのお楽しみは二日目の夕方からのBBQ!「フライトよりもこっちメイン!!」と思っているメンバーもいる(・・・と言うかほぼ全員か)ようで、宴会部長川原さんが手配してくれたお肉に鮎、海老、ホタテに野菜がズラッと揃いまして、皆で元気に「かんぱ~~~~~~い!!!」キンキンに冷えたビール(とノンアル)が夏の暑さにクタクタになった一同の喉を潤してくれましたし、BBQも腹ペコ状態には最高級のご馳走。美味かったぁ♪

 

その後は北海道出身の前谷さんが故郷のグルメ、ジンギスカンを振る舞ってくれて、一同大喜び。また関東から遊びに来てくれた名黒さんがグライダー漫画の名作『ブルーサーマル』ラベルの日本酒の差し入れ。日が暮れると少しだけ涼しくなって、心地良い風が吹く滑空場での宴は夜更けまで続きました。

 

さて、今年もこうやって無事に連続フライトとBBQを楽しむ事が出来ました。猛暑の中での活動でしたけれど、三日間フライトの統括と同乗教育を務めて頂いた教官お二人を始め、BBQの準備を一手に引き受けてくださる川原さん他、参加された皆さんお疲れ様でした。来年も、そしてこれからもこうやって夏のイベントを楽しめるように、安全飛行で行きましょう!!

 

(渡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です