嗚呼、三度雨・・・

週中に天気予報を見ていたので、降るだろうな~とは思っていましたが、三週連続での悪天候。集まったメンバーもだいぶガッカリ気分ですが、降り出すまでは飛びましょうと、まずは複座1機、単座を2機でフライト開始。

 

準備中は日もさしていましたけれど、飛び始める頃にはすっかり鉛色の空。雨雲レーダーで確認すると、岡崎市の周辺はすでに雨雲に覆われている状態。ベタ凪の空は操舵練習するには最適ですが、いつ降ってくるやらとヤキモキしながらの運航になりました。

 

10:00過ぎには途中パラパラと降られるようになる中、今日どうしても行わなくてはいけない複座練習機ブラニクの耐空検査飛行の準備が整い、二カ月近く格納庫で奮闘してくれた畑野新整備部長の操縦で久々の空へ。

 

上空では問題無く飛行できる事を確認して、検査も無事合格。また一年間クラブ員の操縦練習に活躍してくれる事になりました。

 

検査後は検査員の高田さん井上さんと整備チームで記念撮影。
(ちゃっかり写っている石川運航部長の笑顔が一番晴れやかなのはなぜだ!?解せぬ・・・。)

もう暫くはフライトできるかなと思っていましたが、お昼頃に本格的に降り始めてしまい、残念ながら撤収。格納庫から出るとまぁ綺麗に晴れてること。少々悔しい気持ちでしたが、来週こそは春の日差しの中で飛びたいなと期待しながら解散となったのでした。

 

(渡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です