晴天なるも強風に阻まれて・・・

天気図を見ると日本列島を挟むかのような二つ玉、いや三つ玉四つ玉の低気圧!
「ああ~こりゃダメかなぁ」
とあきらめ気分で滑空場に向かいましたが、やはり早朝から強い横風。フライト可の判断は当然出ず、クラブハウス内で運航時の安全確認ミーティングを実施する事になりました。

 


その後は各班に分かれて作業を開始。機体整備部の畑野さんはグライダーのキャノピーが確実に閉じられている事が確認できるようにする為のマーキングを更新。これで一層安全に飛ばせますよと太鼓判のサムアップです。

 

その他の手の空いたメンバーは曳航用の索の準備。切れてしまったり、摩耗があった場合の交換時間を短縮して運航をスムーズに行えるようにこうして準備を万端にしておくようにしました。

 

作業もひと段落ついたところで、ベテランの石川運航部長が宮澤さん船曳さんにLS6bの魅力を伝えていました。クラブ内でも性能ピカイチの機体なので、お二人とも搭乗できる日を心待ちにしているようです。

 

途中買い出しに出かけていた私の帰りを待って、11:00には全て終了。来週こそは良い天候の中フライトしたいねと空を見上げると、と~~~っても良い積雲が列をなすクラウドストリート。制限値を超えた風さえなければと少々恨めしい気持ちなりながら、解散となりました。

 

(渡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です